令和2年5月農業気象速報中旬

詳細PDF

宮崎県農業気象速報令和2年6月中旬PDF
詳細は、画像をクリックしてください。PDFが開きます。

概要

第42巻17号
宮崎県農業気象速報
令和2年6月中旬
宮崎地方気象台
令和2 年 6月23日

気象概況

期間を通して、梅雨前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多かった。このため日降水量が、11 日にえびので258.0 ㎜、西米良で110.0㎜、椎葉で104.0 ㎜、12 日にえびので131.0 ㎜を観測し、大雨となった所があった。また19 日は、梅雨前線の南下に伴い南部平野部を中心に荒れた天気となった。
生物季節観測では、あじさいの開花を平年より13 日遅い12 日に、やまはぎの開花を平年より66 日早い17 日に観測し、これまでの最早を記録した。
県内各地の旬平均気温は、平年差+1.1℃~+2.6℃で古江は平年より高く、他は平年よりかなり高かった。旬降水量は、61.0 ㎜~749.5㎜(平年比37%~235%)でえびのは平年よりかなり多く、延岡、宮崎、日向、西都、国富は平年より少なく、他は平年より多いか、平年並だった。旬日照時間は、平年比31%~76%で平年よりかなり少ないか、平年より少なかった。
宮崎市の旬平均気温は平年よりかなり高く、旬降水量と旬日照時間は平年より少なかった。

  日々の天気概況 宮崎市の昼間の天気
11日 梅雨前線や湿った空気の影響を受けた。 雨、雷を伴う
12日 梅雨前線の影響を受けた。 曇時々晴後雨
13日 湿った空気の影響を受けた。 曇時々雨
14日 湿った空気の影響を受けた。 曇時々晴後雨、雷を伴う
15日 梅雨前線の影響を受けた。 雨時々曇、雷を伴う
16日 梅雨前線の影響を受けたが、次第に高気圧に覆われた。 曇後晴
17日 梅雨前線の影響を受けた。 曇後時々雨
18日 梅雨前線や湿った空気の影響を受けた。 雨時々曇
19日 梅雨前線の影響を受けたが、次第に高気圧に覆われた。 雨後晴時々曇
20日 気圧の谷や湿った空気の影響を受けた。 曇時々雨